忍者ブログ

lilisunciti

45度の仰ぎ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

45度の仰ぎ

聞いて五月天の『強情』は、いつもぼくには妙な感動して、いつも思い出してあれらの似水流年渋い味が現れ、それらの若い時はいつも懐かしいあの雨、あの人、その年のすべて。野放図な弾き語り、野放図な狂気。
いつも靑春の扉にはいっぱい書いて軽率である、いっぱい書いて反抗、いっぱい書いて笑って、涙をいっぱい書いて。私たちはお構いなしに多くの人が私たちの不満、闇雲に大声で笑って、大声で泣いて、好きなことは、思い切って追いかけて。その夕日の余光を追いかけて。
実はあの若い軽はずみな日に、いくつかの人のする事もバカ。強情に堅持していくつかのあり得ないことを信じて、強情に誓い、長い年月が経過し、強情にちょっと軽薄な約束を覚えている、強情にいくつかの人も、一部の人が悪い、強情に両親と口答えをして、自分の原則を愛していない、強情にいくつか愛すべき人が、強情流れは馬鹿に選択度傷ついて、強情に慕っているいくつかのただ身の回りの旅人の人。
それは、私たちはまだ若いから、それだけ。頑固で、いつも私達に傷情処理。
しかしいずれにしても、Hong Kong Value Offer Mobile App | | lafite rothschildやったことをずっとやって、後悔しても、悲しみも、念にせよ、失われた日々は打たれシール、歳月の隅で置き去りにされ、徐々に忘れ。
誰か、靑春は1台止まない列車、僕らを乗せて行く、年年歳々の巡回の中でいくつか私たちに到着され「大人」のサイト、そしていくつか、いくつか人を持って、旅を続ける。
にしても避けられない靑春の鋭い切られ姿を見せまして、私達はやはり馬鹿に希望を信じて、明日を信じて、やはりかたくなに手を合わせて。今の私、依然として馬鹿に校舎屋上に登ってそこに見えるより広い空が見える、自由に飛ぶ鳥、日光は近くて、近くて。
あまりにも多くの感動は、いつも私の涙。もしかすると本当にそう:あなたが別の視点が身辺の人と事の時、あれらのいわゆる痛み、なる取るに足りない。
時間が流れ、いくつかの記憶はそのままに、真珠、命の晩年を放つ深く淺い光を反映して、救援の人、昔の事、久遠の気持ち、そしてあれらのかつて落ちた季節の雨、とその赤い雨潤のたばこの濃い路果ての棒を噛んで馬鹿の愚かな少女の笑顔。
靑春の逝去はいつも人を言い表せない懐かしい、ときには念永遠に知っていて、自分は二度と戻らないあの駅の起点。
そこで、とても喜んで安心して、結局、いつも軽率であるに乗って、多くのものは未練としての回想。筆入れて、開けて、太陽が見えるさして下ろして、顔に。
1杯のお茶を味わい、事細かな。味はいつも人に回想させる心跳錶
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R