忍者ブログ

lilisunciti

夢の翼にけがをした

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

夢の翼にけがをした

一人一人の生命の中にも、しばらく山水ひらめきの物語。歳月の隔てを横切って、時々寂しい窓口でうろうろして、入って蠢く魂。すべての細部が風雨に弥久歴新成長1の木の枝葉が茂る、蟄伏命の秘密の季節で、四季の常。
黄昏の約定に基づき、ゆっくり晕红た夕陽瀋む、最後の最後、一筋の光さえも見えない。北風が携帯で、凛とした温度、冷たいが漂って、瞬間に夜の幕が開いた。
また1つの真冬の夜が来るgift baskets same day delivery、一曲軽音楽を聞いて、ほこりが騒ぐ締め出し。それだけ輪冴え明月、掛窓辺に、遠心最近のに、また遠く離人。時間のペースで、いつもの慌ただしい、古来、世の中は万事、いくら注目し、桑田。多くのかつてから美の話も、いっぱい下ろした塵灰。たとえ私たちはどのように洗うことも、最初の色には戻れない。たとえは万裏の山河、たとえは千年の歴史にも、時代の流れのはるかで変わり、既定の痕跡を殘して。ただあの明月、円は欠乏して、欠けて丸い、今までにない誰かのために変えて。
かつて、私たちは心で荒廃の土壌の中にある愛の種を持っていて、切に希望を待って、それをサプライズで、その後、心にそびえ立つ木に成長。しかし、その逢った命は耐えられない夜の雨に打たれ、よく早若死に。時の記憶の中で、次々とひか愛情割れ時の痛みは、痛いところを補ってひとつの傷跡。もしかすると、多くの年後の今日、私たちは忘れて当時耐えがたい痛みの形容の感じだが、殘る思い出がうなる、非情にちぎれて光陰の尺度。
愛の道、私たちは常に履急遽。一人の足どりはふらふらしすぎて、間に合わない時の時速もない二人のR&B。かつて思った永遠に、歩いているうちに分散していた、ただの一度の偶然にめぐり会う。しかし手を放した後、才能わから、花の半夏の1部の縁に行くしかない程の繁華の錦。春の花の秋月の後、私たちはばらばらな旅人で、愛情はちょうどすれ違う…
僕らの心には多少の位置を使用することができ、積載何時に出会って、喜びを?私たちは習慣的に駆け回って意地悪を取り込み、レッドダスト、手足に戸惑う。彼らの後ろ姿を見てから、だんだんだんだん遠いで永遠に追いつけない、高嶺の花で気持ちの荒涼とし、このような気持ち、まるで心プリプリ潮、しばらく治まらないstacking cubes…もし機会を、もしあなたの愛、あなたにそっと触れてあなたの心の灰じんにあなたは毎日の誓い、あなたはやはり希望彼は簡単にって一言、「私は…」。愛は、私たちの週りの空気、つかず離れず、私たちに命が続々と有酸素の供給。ただ、愛情も慌しくきて、ただただ、1粒の心も、結局盛りきれないあの水の痴情。
私たちはずっと無限の愛着を、彼は微笑む姿、彼は細心にきまって、自らの心配する。彼の影が、彼は濃い風情組み込み血液の中で、運命に捨て去ることができない。たとえ彼の後ろ姿から離れた私たちの視線が、彼は私達の夢の中で夢のような甘いひきくされ縁続く、回転して、そんなかけがえのな困って、呼吸さえも難しい。
夢の翼は傷を受けて、あなたが彼のところへ飛べない、あなたもしてみては時空を通り抜けた距離を掛けて、あの簾大きあなたの枕、そして記憶の底に、静かにこの殘念な美しい封じ。あなたは知っている、逃して愛情を待って、同じように、心が寂しさせてしか占めて、苦痛は寸寸手詰め。彼の世界は君には参加できないことだらけの思い出だけで暖房。彼の出現のためだけに私たちの人生を、美しい風景。おそらく、もっとも美しい花は彼岸開放だけしかない;かも覚えていて、彼の世界の私達の行ったことがある。
別れ別れになるとき、人は天涯に隔て。幸せの感じでしかないのかもしれない刹那酔わせる、刹那は復帰後、一人の孤独な……よく考えないのは愛に行って、たとえ思想は愛とは愛にさまよい続ける、次々に苦しんで、春にも隠さない心の底の無限の誘惑。ある時、本当に諦めたくて疲れ果てた様々な負けるのが疲れて、尋側の静かな楽園を风轻云淡、心地よい。その思いが現れた瞬間、私たちが散乱無章の人生はない、パッチワーク1部の淡泊な気持ち。
愛情、この花は世の中の最も美しい花の満開季節なまめかしく、からまで不振、濃厚な香りを重ね朗々と歳月の底。私達はすべて欲張りな花見人、摘み彼女だけのために心のあの1部の多情。風が起花落は私達の心の中の痛み消し難い。その時間粉砕の物語を、それらのプロットは、すべて傷を持って……
流年似水、二度とない、も留められない愛情を急ぐ。私たちは、どんな努力が無駄にしないで。このように気持ちを染めつかの間、愛情を開いて人生の枝に?ただ縁がずっと虚晃、いくつかの工夫を凝らして製造の童話をはるかに夢の中でしかない。もとはやっと発見して、私たちは彼とずっとは時間の中に背馳して、私達は人海でproperty agency hong kong、彼は天涯に。夢の中にたどり着く為の幸せになったのは、千山万水。。。。。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R