忍者ブログ

lilisunciti

冬の随想

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

冬の随想

冬の足音が一歩近づいてくる、枯れて黄ばむ落葉無力の掛けの枝にそびえ立って、象徴は何ですか?
知らないがarmani sunglasses sale、本当に私の生命の中の疑問に感じても、命は少し永遠の世界から消えてしまうから、妙ないい情緒の小さな感傷的になって、春去秋来、多少の光陰は人類の身に何の不幸を繰り返し、人類の身に降臨、しかし強靱な人々に一度また一度で誠実な笑顔に打ち勝った困難は、私たちはいつも文句の生活の中で気に入らないところがありますが、同時にこの世界を離れたくなくて、これは生活して、愛と恨みが、痛みと楽が共存し、仕方ない別れが舎てないで。生き二字は思っていたが理解しやすいように、どう言いますか?私は学校の椿が開いて、そんなに光り輝いて、そんなに美しくて、あんなに努力に教えたい人々が存在する、私はやっと知っていて、私と思ったのは冬に満開の花は梅の輝きが、私の間違い、全体の枯れた冬、人々はすでに厚めの服を着て、帽子をかぶせて被っ手袋の時、それは風に舞うよように、人々を教える冬でも、まだ春の希望を見ることができる。
緑の枝が風に揺れ、朱の花は薄い霜の中で笑い、すべてはこんなに美しくて、私が多く、雪の降る朝と私の寮のクラスメートと一緒に雪だるまを作り、これも私のずっとからの願望、殘念ながら四川せてくれないこの小さな願いが葉う、小さい殘念小さな願い、実現できないが、幻想。私は喜んで私にこんな小さな願いは、少なくとも私は幻想、老いの光陰はこうして少しずつから命の流れに流れ、指先からの隙間すり抜けて、たくさんのふいに消え、八百万の血液の中で枯れ。椿は、決まり悪そう嫁入り娘美人いささか恥ずかしくて、なんて可愛い女の子です!
何もない不幸なほど、自分がかわいそうで、越会は人の心を嫌い、少なくとも私の心はそうと思うので、どんなに自分が強くなって、ふりをしないで可怜な様子にみんなの同情を博して、みんなは破仮象の時、あなたはどう?誰も君のことを信じるの?
覚えては中学の時、私はぼんやりと覚えている教室の隅にある盆栽、それも、椿と大学の中の花は品種だろう。ピンクの花が満開で1つの白い壁の隅、教室全体を1部の活力と怒って、時間がすべてを破った宇宙全体の構造を変えた、何でもない昔、そして何から?急にこんなも恐れ今すべて美しくされる時間に変わった、追いつけない。私はまだこんなに無邪気なと思ったのは永遠のでしょう、へへ、幼稚でしょう。
また月曜日、もう一度私に見つかって夜遅く自習して、すべてすべてそんなにすばらしい感じ、成工院の夜はそんなにの美。
薄暗い照明のちらほらとくhair transplant道中で、その茂った枝が遮られて、少しずつ点々の光は通行人の目の前に現れ、黒と光の取り組みは、そうですか。かもしれない。成工庭がいい感じで、洋風の校門、一番好きな図書館、泥灰色の池両岸清翠の木々は、静かな小路にばらばらの樹木や通行人の小供休み木凳、湖面のあずまや、そして白い橋、すべては淡墨色の霧の中、がある種の画家が描いた美しさ。
私の好きになって工学院、それを持って私の多くの暖かさと感動。暖かい冬の太陽の下で、歩いている小さな歩幅を敷いて、路面の葉は枯れ、輪郭に美しくて、道中の一群のクラスメートたちになって笑い、あなた追いかけて走って、また本を抱えてゆっくり歩いてる人……生活はこのように満足し、いい失と、人が生まれて、運命付けたが、過去の思い出が、今、将来、時間はやはり回転流失の、失った惜しむことがない多くの、少なくとも私たちは今も、楽しみのこの時の美しい、今を大切にしたすべてはすでに十分じゃないですか。今だけは過去と未来をよりリアルに。
私が多く、冬の午後、淹れ1杯のコーヒーを暖めて、掌でささげ持ち、愛する人と一緒に楽しんで美しい世界の美しい生活を感じる。あるいは彼と一緒に芝生の上に寝ると一緒に空を見て、あれらのまばたきの小さな星を数えて、そして彼に教えて私たちは繋がっている二つ星離れたくない、ずっと。
晩秋の色調がまだ消え、冷たい風が身にしみるのは窓の外から吹いてきた。どんなに焦がれこの黒いひっそりとして寂しい夜GEM blog、あなたと共有するこの冬の美。
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R