忍者ブログ

lilisunciti

恍惚の意識

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

恍惚の意識

すべての花びら心の香りも、花びらの雨が世の変転;ごとにも思い出;春持っていい顔で安安心間、春には美しいを入力することができ、人間。
窓の外に、誰もいないのに、ただが、点滅。付着して1、思い合って、キーボードで、この静かな気にかけるの夜、淹れ一杯香茗、精緻なカップに入れて、淡く微かな風土の中で、燃える一つ禪の心とのをろうそくDigital Signage、香りと溢れて。
淡夜ドーマント冗長は常に、花もない、粗酒土をかける、わずか1杯の風土淡水、どうを軽い心配ない味ですか?疲れて曲は寂瘳部屋、殘った涙の濡れ浸潤を聞きながら、枕、黙る困窮から、また一年の清明時、どうして送って悲しいですか?茶器を見つめ、聯想杯具、情景ドラマ、私の推測では、春はここからが開放的ですか?
撫菜念思昔、あの朔風念がはためき、衰草枯れ枯れ。慈父不幸、永眠九泉、またたく間に14年、ミンミン2会わない。寿命が尽きる六旬、息子と娘痴木。回顧音容、心の中泣哭。痛みの念を押すと、1杯の渋い苦くて、傾いて腹寝返り、ふらふらして入る夢。
夢の中に、散って清明の雨、サウンドに、しとしとと、うら悲しい楚楚みたいに精通して世間の師、私を演奏していた曲哀婉たり、遠いたり、明快な牛の毛のように花のように、針、千切り、1時、1滴、この夜、さらに1部の注。夢の中で、一枚の廓厚の顔、口元にはいつも笑って上昇します; 1種の鍾の音なら、いっそのことをはっきり;ペアの手で丈夫になって、私をぎゅっと抱きしめたい、そう胸……
孝行したい親がいなくなって、昔は諫。どんなタイミングを併べても、季節がどう交代、季節ごとに欠かせないあなたの想いをしのぶ。これらの年、私はずっと筆を恐れない振り返って振り返ると、私は落ち込んで、あまりにも多くの記憶が私を包む、私の感情の傷を舐め再裸の皮。今夜、清明の柳绿花黄を伴って、遠くのような叫び、爆竹、振り返って見て、お茶を再現し、かがるが回って、もうろうとした私の目が。私はただ、この簡単な茶道具を入れ、恍惚の意識、冷却時間の忆念、満開の春。
窓の外は、雨が降り続いているように、私の涙は、いを込めて清明。清明節、清明、瞳の中にいっぱいは雨の糸。父、わがまま実直な人、従軍する兵士からから、工農、頑張ってる手日の廓厚の人、高らかにはっきりした声で12ax7、活き活きと苦労の一生の人、生活にあまりにも多くの多彩で、彼に止まっていてもの悲愴曲、どう私の父は形容しますか?彼を思い出して惜しまない一杯の良いお茶の悲しいと思って、彼は急いでないという話を殘し、半句の表情を思い出して、その一枚の「兵士の私」の写真に、たくさんのぼろぼろの物件……
涙の後、私は涙を流していて、も復唱、60年の風雨は、60年の歩みは、生まれてから死ぬまで、ファンからよく恨み、悟まで、心から心まで、一体が遠く、どうする?私は夜、惟が願い、天国で、佑佐平安!
背を向けて、夜の雨は住んでいる。往来梭巡からの燕群里、草で生の木、飛鳥着林の繁騒いで、にぎやかな人の流れの中から、灌木が生い茂り、溝溝乱石の世似で、カップに、満開春、片言の警告を増加し、それぞれの人の心と体の熱で、少しもないをした。
転々として目が覚めて、緑の葉の間からかける靄、柳葉振幅、葉っぱから下げた朝露の中、露清霊、記憶が舞い降りほこり、すべて空白になって、人生が再び無常の目が覚めて、四季は聞かないで、春に変わる。歳月を思うほど静かで良い、あれらのかつてのがすばらしくて心の底、現実に毎回蚕食し、少しずつに飲み込まれ。自分が、そんなにどうでもよくて、そのようなちっぽけなのにさらにように装って少しおっとりした様子を見せず。
朱熹の詩「鞍に頭を岡田によると、落日天風雁字斜め」とそのあしなが長い、口のツル、靑コウノトリや鷺、田んぼの水路に潜り込んで、沒頭小魚や虫を食べました。私はただ風に釈放を携え、清明、この時間帯、静かに;alexander hera pre wedding捻一抹の気持ち、相手を思い、一杯の緑茶は、風が人生。
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R