忍者ブログ

lilisunciti

歳月静死去

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

歳月静死去

冷たい夜、小さな箋。旋回風の音だけを見ての曲は、蝶の水の岸せよ、記憶の影の間にうろうろして、ひらひらと、尽くしてそれではソフト最後ダンス。かすかにつれて、悲しんで、1滴の涙を殘赤埋め紅塵の奥。突然とても、暖かい一袖水墨、百转千回念春に花が咲く。ただ、結できないのはその半韻風月に葛藤を、弱々しく、潔面調理任をめぐる情勢が非常に不安定。
こうして、黙って歩いて花咲く花散る季節季節の変わり目を見ながら、まだらに心を覆い窓。思いが、住んでいる散る希翼に、一回蝶翼の翕动はまた一回の落ちぶれ……
ついでに挟んで日記を開いて、時時のブックマーク、読んでいる彼女の言葉遣いの繊細な:「記憶の上に、三輪を誰娉婷、情緒の花、無名に展開する。殘りが赤散って、また誰が知っていて、この娉婷このどんな寂しさの解釈に美しいですか?」読み終わって、莫然切ない。時の花の香りに、私はCDを1株暖かい香綿でやわらかな砂浜に合わせてそっと思い潮汐の声、質1懐幽愁若水。ただ襟飛秋の山々が、風はそんな合わせ旧憶、蝶のように舞うように枯れて逝く。紅塵縄手一目見渡せ荒廃の1時(点)の緑、空いて無視または、ゼロ涙にほこり、徒って地のあわてて逃げる。
経年後、あなたは依然としてあなたの旧市街を固守して、私が選択した開発私の蛮荒~まだあの無と季節の中で軽く浮き上がっ芳馨なまめかしく寒い朝は、徒。かつて思って、届かないのはこの世で最も美しい、実は、満天の星にも手元にないあの一束のバインド。微笑みは、自分が自分に与えられた力にしても、思い出をからかった低眉の念に従って、私はまだ私はあなた、あなたも。紅塵の奥の副虹の裳裾舞いのしなやかで美しい、目になった、結局一晩嗚咽。一夕振り返って見て、花も、遠くの足跡になり、流砂。歐洲旅遊ただ余一輪の心の香り、曲がりくねっている間に、風化、無痕。もとは、私達は結局はただ2つの異なった季節。ただ、今日まで、天涯を隔てて、私は依然として静守1通のあなたのためにおける詞章絶世の、あなたは昨日のように、美しい傾城?
一夕霧雨、夢の微澜、軽やかな念任雨季の中でうろうろして、手を伸ばしても、しっかり握れないその花びら舞う花びら。突然、年が変わって、みぎわ水のほとりで泣く露さ、それで羽白、揺れたぼやけ過分の望み、かつての損得を追憶して数え、昨日のことのように。悠々と発見して、心の中にいつもそれでは1筋は連休の境地にしても、抑揚に歌って、描いていて……
歳月が、静か绵远、よく自覚がない間と言われて、婉曲な平仄もだえる中。かも知れない、いくつかの心に月日が久遠は、しかし、落とされ下のように巻き付いて忆念蔓。曲がりくねっている、どのように耐えられる場に花事まだら。ただ、水の年回り、洗っていくらの情の深い縁淺の話なのか?
塵、縁淺。落花生、無言で。凝一筋の往事の眺めは薄いた今生の寸前。ミルクテイー、無常の、どう、散って瀟湘?一部の人々は、縦隔天涯念あなたにただ静かな良い時、お互いのお花は心の間に暖かさを殘して。風に吹かれて季節の目鼻立ち、潤色した月下幽愁;ある人は、メモリ、消えたり浮いたりしたまま、すくいの気持ちになったのは、時間の風情が落ちて、ある人は、かつての楽章を1輪、当時の思いを拾い集め、そのシステムの断片を、独自の偏るの片隅で、流れになって池秋寒。
かつて私は何嘗はこれらの人の中の一つが、歳月静死去、わざわざ自分の物語を書いたらそんなに悲しみ~たり一袖霧雨を彷徨うの瞳の中にdermes 脫毛、心の上の文字が落ちに薄い煙、唯一段靑梅酒の記憶を演じていて、かつて経跡。誰が、編成している場は別れの悲しみと若死に?誰には霧雨紅塵の中で、夢は覚めない?誰かの私の真夜中のタバコに火をつけますか?誰の锦瑟琴音誰の懐かしい憂うつですか?いくらもの悲しいさま、綿になった空一面の雪、物寂しいぼんやりし。
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R