忍者ブログ

lilisunciti

鏡花は梦醒め時

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

鏡花は梦醒め時

かつてを損ねる感情を见ていて、カップルが手をつないで歩いて、キャンパスの帰り道、羡ましいことを考えていて、心の中に耐え忍ぶあたしにだって、学校内に出会うのようです。
私はクラスで、追いかけてきた自分の好きな女神がまとまらず。私はずっと考えて愛にしている问题で、なぜ私はいつも感情の道に迷った衝撃を受け、私や育て上げた。
私の好きな女の子をされ、拒否の意思を明らかにした后に、私は思ってないけど、結婚からファッションショー。知らない格好の私から买いスファッション、期待ちょこちょこ女神の動きを女神と一蹴した。と僕はびっくりして、それから顔を意识しているようだ」と話した。なぜ私は二重まぶたが一重まぶたにではなく China retail store contractor、さらには三まぶただったのだろうか。どうして私は身長1 mの七人の数ではなく1 m八だったのだろうか。裕福な彼はなぜなかったんだろう?
これらの問題をみて、私は毎日は今、深い悲しみに溺れだった。でも、心は鬱憤でもあるので、暇な时间をつぶすば本を読む時間を過ごしている。最初のうち本には興味がないのだが、読んでいくと、それは書のいっていることは私に対してとても役に立ちます。本を読んでの时间の中で、私から先に感じ、人は自分の顔を変えることはできないが、彼らの考え方を変えることができます。生きることは、よりもの人の目に见えるぬきにしたという意味であり、世俗の目でより正確な悦納自身だった。
あの時、私の心に少しを放したわけでもないのに、気が済みません。いつも自分を立派にしたさえすれば、収获の女神の愛の物語だ。私から必死に勉強し、毎日のように時間を)花は勉强でだった。私は、私に多くの文章を発表した女神アタシにと、多くの人になるにの时、私は心の中では、自分は言います:「私は必ず成功し、必ず超越しましょう Musee。」
生徒たちは暇な时间が集まって时、私の本を読んでいます;学友达がネットサーフィンの时、私は本を読む;生徒たちは休みが外出に遊びに来たとき、私は本を読んでいた。
私の犠牲となって実を結んだとき、私は火山噴火したかのように発表した文章を見てみよう。学友达が私の作品が次々にリレー・絶賛した时、彼らが私に露出した雪雄かりきした時のことだ。女神が本当に私に対しては幾分敬服の心があります。私一人で座って自分の部屋に揉み手自分に対して質問する:「私は若者に恋じゃありませんか」
私の想像を持ってきて、花束を持って受けとっていたかも知れないというので、クラスメート列に並んでいるという2列の長蛇の列を作り、来女神の前で、女神俯いて眺「恥ずかしを見たことがある。私は思わず视のいた。
私はやっと発见して、感情は辛うじてに向って来たので、たとえ私がどんなに优秀で、私は永遠に収獲彼女の愛の物語だ。としては、これを意識したとき、とても迷いますが、まさか私の努力は間違っていたのだろうか。熱心に勉強したもちろんは正しいが、しつこくだけにこだわっている一人は間違っているというのだ。感情のことは複雑であったが、今自分の一つの問題は、勉强しようか。勉强するだろうか。
私の信念は依然として確固たるもので、勉强しよう、私と彼女の根本は縁をしつこく必要がないため、彼女のために行って、彼女は暗黙神伤人生の中の旅人」に過ぎないのだ。私は彼女でけがをしたことはあるが、感谢彼女だと彼女は私に成長し、結果が不十分だったが、これも私の成长の不可欠な過程である。
私の愛、しつこく追求にすぎない感じました。今、私は彼女が好きだし、私が好きなだけでは彼女が好きのあのような感じではなく、彼女自身だ。
η遭遇した女の子の拒否された后に、私は改めて考えるならば、好きな人に何の成果もなく終わった追求すれば、私が好きな人でしょう!
が、何度も波乱には、私のことが好きの彼女は私には似合わない、私は彼女のことが好きだったので、彼女は私と揉めてる私は納得しにくい。私达は普通の友达はとても良くて、でもは感情、双方の態度がよくない。彼女は矜恃、私はもがき苦しんでしまう。結果をうやむやになった。
家に帰って、私は訊いてきたお父さんは、どんな人材愛ですね、作家として収获できるかどうかが愛までだったのだろうか。
お父さんの答えは名誉はすべて浮云、力のある人だけが収穫しなければならないという愛の物語だ。
彼の答えに、私はとても惊かせる!私があなたのよく観察してみると、書や映像作品だけでなく、現実の中に见る愛を爱する人は経済的地位の高い人と集計された。贫しい人々の爱情が幸せで円満な幸せなはあったが、少数だった。
誰かが言っていた。「変わらないことは何もないの友达でもなかったし、永遠の敵と見なして、永远の利益だけだ」と話したdc motor speed control
私はかつてはと愛とは無関係の結婚は、ビゼルに円満な、こうなってみれば、すればかなうが自分の利益を、すべてがない。
仆は今、考えがあるのかどうか、これを批判する道を歩みた世の中だが、僕自身も。「乳が娘」の話を聞いても間違いではない。これも私ははっきりと认识して、「十分优秀で、私の富を多く保有しているこのかなう世俗の配偶者の選択基準で、私も得る1件に自分が共感できる幸せで円満な爱情。
これまでいったとしたら、私は自分に闻いて「この考え悲しいじゃありませんか」最初から、もう一つ罪悪感だが、結局みたいな感じではたちまち消えてなくなって、私はこの万古の法則で、改正規則を先行されなければならないルールを守る
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R