忍者ブログ

lilisunciti

ひとみを凝らす望月

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

ひとみを凝らす望月

古来、何多情な文人墨客たちは、思いを託して遥かに明月?天涯の一角のイラク人の希望を感じる月光満載の思い。月、いつも違うかたちで、優しさで訴えているロマンチックで伝えています、多情で感傷的になって、遠い……孤単を描いている……
月を眺める時、あたしはVio-la君を思い出す。というか、あなたの時、私に眺めた空……酒に憂い、持って私ちょい温もり。温もりの中に隠れて、私の淡い恋しい。
私もその美しい伝説を信じて。伝説では、その遥の月の上に、一人の美しい仙人。酔ってぼんやりして、柔らかな月明かりもだんだん閑散。風は、薄い涼しさをもたらす。これ、私は少し倒れて。
私は見たあの梨花よう霧の集落、玉樹琼花、小包、木の下で、素衣女、懐優しく可愛いの月。空を眺めては、そこにも彼女の愛着を抱いて……
私は気づいて、深い見ましたか?彼女は、振り返って覚える小さな微笑み、伝えて心の秘密。その秘密は私の気持ちが重なる。私はかすかにうなずいて計算しては彼女に対するだろう。
月下老人、やさしい、身は赤い糸を織った上着を着て、手に精緻なクリスタルグラス。透過光を見ていて、透明な淡いグリーンカップ液体が奥深いの表情は私に教えて、彼は何を想うの。
彼は俗家は凡庸な君主巻き添え縁線の媒酌人。彼は、私がしきりに哀願する下に、消えてしまった三世の石に君と寄り添いの私の名前。私はこの十万光年の距離に耐えられない想いが濃い。真夜中の夢、いつも1種の泣きたい衝動。心の苦い誰かわかるか一種類の深い遺憾の意を連れて、もう一枚熟知した、あなたの顔Wine Searcher
千年の恋しい思い、千年の孤独。たとえ強く心もすでに傷だらけ。私はあなたが三世の石に寄り添うの名前、孤単と思いに耐え、碧落黄泉、探しても。人間はされ、出会えた。あなたは、一口孟婆スープは、私たちの前世今非忘却。
そっと、私はあなたの身の回りに来て。あなたを伴って歩き涼しい夏。私はあなたの愛を呼び戻す私の心に戻って、あなたは私を愛してた昨日。あなたは冷ややかで、私に証明、あなたは私の情熱の蜜意、変わらない、本当にあなたをその口スープと同時に、が云淡风轻。
二人の想いが、一人で引き受ける。もしかすると、私はあまりに固執して。おそらく、三世の石のほとりの縁も、ただ美しい意外。最後に、私が選択した埃を忘れ……
そのカップ澄み切った液体を美しき。聞いたところでは、それを飲んで、たとえいろいろ仲むつまじい、万種類の優しさも、記憶をゼロ。
この杯持って美しき思い出、美しいかつて。きらきらと透明で冷徹な液体のような、私たちは会ったことのない時間。そのように純粋な、それのように美しい。それだけを飲んで、私はそれ以上に堪えない思い合う苦い;そMulti-touch Panelれを飲むだけでで、私は二度とあなたを思い出して、清贵、絶塵の顔……
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R