忍者ブログ

lilisunciti

歩いたところ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

歩いたところ

歩く、場所に行って、たくさんの人が集まって、たくさんの声。その日雨が細く、網を覆って都市間。私は人ごみに流さから車に座って、別の車、1条路地に入ってから別の1本の路地、あちこち見回した。雨のように自分だけの昆虫、決して速い歩いたこの雨に1つの地方。私はその場所にぼんやりした記憶の方向hk real estate agent、しかし都市と都市はとても似ていて、路地と路地はとても似ていて、建物の建築ととても似ていて、私は絶えずに人の群れの中で往来が頻繁で、歩く…….私と私とが辿り着いたのは最後にすべて消えて都市の雨網には、会えない。
私は言うのは一つの城、歩いたところ。私は自分がなぜ再びこのに来てきょろきょろ戸惑って、これは私には答えられないの。この座水辺の城だけが、こんな歩いた。どんな物語がないのかもしれない世の変転、离情ね、ただ私自身に同どの慌ただしくて過ぎて地方のように、記憶の中から軽く超えて。
いくつかの緑になる時、一面の湖水を思い出す。早春に行ってきました。多くの人に出稼ぎ先、湖畔の果樹栽培場に人がいない管理、歩いてきた西東山坂は寂しい。ブドウの回廊に条セメント道路。車が近くを通る、ある人は頭を窓は当時、一緒にダンスの仲間、下車握手、聞いて私はどのようにまだこんなにやせて、私に聞いてさんはどこに。私はあっけにとられたままで、これも私には答えられないの。
美しい若い時間とこの湖はずっと記憶の中で音潺緩。私が言うには、それは私の旧城、廃庭園。身の回りの若い従妹口角がそっとが一言:こんな破れダム?
行ってみたい1片園子、私の言うのは小さな文学サイト。俺が愛した庭園の中の妹。それは庭園の中緑豊かな日、野の花ちらほら、園子に沿ってゆっくり登り坂、微香充満。私とあの可愛い妹と手をつないでは庭園の中できりきり菜苗、植田ハイビスカス、バラも、遠くを見上げて。園子の小道は足りないでtouch board、私達は旅行の道と方向を感じて怪しいと恐れ惑う。昨年庭いっぱいの春景色、緑に隠してた淡い憂いと悲しみ。妹の姿にチョウのようです、だんだんだんだん遠い、覚えている彼女の口の中に1本の草常衔て、しかし彼女は二度と私に飛んでくる。
マウスだけから、私はここに立つことができるのを見てその花びら園子。しかしあきらめた、妹の靑草はもう別の土壌に咲くだろう?
学生に一面の林を歩く。林の奥にある松門の別荘で、数年前に聞いたことがある別荘古い主人陈三立の物語を、心に親しいことこの景色と自分と縁があって、通りかかったこの林再見に行き、どのみち。私たちは古い別荘近くに一群の大学生、歌を歌い、旅行の記念品を手に握って露店で買ってきた偽銃をメの銃声、鳥鸣き声さえもカバーした。私の学生が耐え古い別荘の静寂が追いかけ、一緒に遊びに行きました。
古い別荘だけかもしれないが、ごく少数の存在をかせる。松の別荘陳氏の家族の息、気持ちに身を置く、彼らの激動の時代の位置には、どのように適度な進化した山の内容は、注目の匡山近代史がローブシャツ、揮毫诗赋の別装い、違う風格は隔て万重水、千重山。人物や風景などの美しい依昔の顔が、既に暗黙で霧と山色の骨の中で、遠景になって、
「風の鍾の音を出し林影万ね遠くlafite 1982、鴉蔵。一生イライラした今日、四海無人に夕陽。破砕山河を迎えて勝利、歳月を名殘さ。松松菊何年梦確認し、しかも他郷故郷。」これは松門の別荘で出てきたのは1人の子供の诗、陈寅恪の旧居』『憶。私の学生がこの古い別荘に歩いたことがあって、足を止め、数分、念の詩を読んで、これらのかつての山の栄光の名前を感じる。
今日は春光ぐるみの、私は山の外から帰ってきて。私と一緒に帰ってきて、星をこぼして屋根で、梢と煙突にもいっぱい掛かって。私は南方の山林に座ってある棟屋舍の窓の下、難攻不落の時間の流れの中で、私はそれを見た路正歩く僕に背を向けて移動に向かって後、漆黒の崖の間。しかし星間広い、例えば愛者寛大で仁愛の胸に――何億年たって、あなたを見て、それは、星空の下のあの山もまだ。私の屋舍私の窓の縮小、縮小、例えば葉。昼と夜で、山と水の明暗の間に、私から葉脈の間でうごめいて、たまに見る眺め減肥中醫診所
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R